2016年10月12日

高低LRの表の参考例としてある曲を分解してみました。

前号でお話をした表「高低LR」の参考例としてAKB48の「summer side」
という曲でどんな定位になっているのか?それを探ってみました

You Tubeに公式のビデオがアップされているのでそれを聞いて確認してみて
下さい。

今回の内容は以前「さくなろマガジン」で取り上げた内容をさらに深く
掘り下げて書かせてもらいますね。

表の見え方ですが、見る環境によって歪んで見えるかもしれませんが、だいたい
の感じ…という事で、ご自分で修正しながら参考にしてください
                 
                 【高】
                 
        Chorus Chorus Chorus Chorus Chorus

        Brass Brass  Brass Brass 

             vo vo vo vo vo
 【L】   strings vo vo vo vo vo  strings   【R】
      piano   vo vo vo vo vo
         EG  vo vo vo vo vo EG
        EG  vo vo vo vo vo  EG
            vo vo   vo vo   
             vo vo SN vo vo
             vo vo   vo vo
                 
                 Bass
                   kick

                 【低】

こんな感じになっていて、見事にボーカルを外して定位させていますね

一番上にあるChurusは字ハモではなくウーアーコーラスで、高音域あたり
で爽やかな響きをしていて、やはりアイドル曲のアレンジに必要な耳障り感
と派手さを両方狙ったパートだと思います。

その下のブラスセクションはトランペット2本、トロンボーン、バストロン
ボーンが定位していて、フレーズによって効果的な位置に定位されていました。
このパートはややもすると爽やか系オンパレードになってしまうサウンドに
アクセントをつける意味でも効果的なパートになっています

懐かしいバンド、タワーオブパワーのようなブラスセクションになっています。
タワーオブパワーではバリトンサックスですが、変わりにバストロを使っているのも
なかなかいい感じですよ。

スネアはボーカルの若干下あたりに被る位置に、両サイドのギターはカッティング
特にギターの音はローミッドに腰がある音をしているのですが、腰がない音や
シャカシャカした音だと沢山の楽器の中に混ざった時に聞こえなくなる可能性も
あり、そういう意味で今回のギターは他の音に負けていない感じがします。

また左のピアノの音域と左のギターの音域が絶妙で、この2本の音でかなりの
グルーブを作れているのはさすがですね。

SNはボーカルに被っていませんが、この位置だと言葉の音域から外れ
ているので邪魔になりません。

左右の弦セクションはボーカルと被ってしまう音域ですが、あえて外して左右に
定位させることでボーカルの邪魔になっていません。

よく考えられた楽器の配置だと思いました。

皆さんもお気に入りの曲でチェックしてみては









【トミー爺の関連サイト】
■■新クラススタート「トミー染川のワンショットプラス」  参加者募集中!

トミー染川の 「Song Bank」 & 「トミー塾」  メンバー募集中!
posted by トミー爺 at 18:44| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

美味しい肉じゃがと素敵な音色のピアノの共通項とは?

「レコーディングと料理」の関係についての続きです。

料理の素材選び…これはイコール、レコーディングでは音色、楽器選びという事です。

レコーディングでは、ここで勝負がつくと言っても過言ではないですよ。

実は若い時のトミー爺はこの事について、全く理解していなかったのですよ、、
今考えると本当に恥ずかしい…(笑い)

戻れるものならば、あの時に戻ってレコーディングやPAで試してみたかった、、(泣き)

あの時の若輩トミー爺は
「音なんて録音できていればなんでも良い。後でなんとでもなるさ、、ヘヘヘッ」と考え、
極端なEQのオンパレードでした。

では、なぜ楽器選びや音色選びが重要か?

それはベストチョイスが出来ると、その音だけで満足できる世界観を作ることができるからです。

例えば、肉じゃがを例にすると美味しく、味が滲みたジャガイモを一口食べると
「美味しい…幸せ、、、」って感じになりますね

すごくいい音のピアノをポロローンと弾くだけで「良い音…幸せ…」と感じ、
それだけで世界が広がった感じに聞こえることがあります。

でもベストチョイスが出来ないと、それだけでは物足りなくなり、他の楽器を入れなくちゃ…と思います。

それがアレンジで楽器が増える原因。

イコール音の隙間が全くない、しいて言えば、歌の居場所がないトラッキングになったりします。

そのイメージつくりに役にたつ表をご紹介しましょう



                 高
   
                 


       L         +           R
                 
                 


                 低


これについては次の時に…








【トミー爺の関連サイト】
■■新クラススタート「トミー染川のワンショットプラス」  参加者募集中!

トミー染川の 「Song Bank」 & 「トミー塾」  メンバー募集中!
posted by トミー爺 at 16:48| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

目から鱗が…「ミキシングと料理の関係」って似ているってホント?

さて時間がたってしまいましたが「ミキシングと料理の関係」につい
てというよりは「レコーディングと料理」に考えてみたいと思います。

「レコーディングと料理」って、一見関係ないように見えますが、
トミー爺はかなり似ていると思っています。

まずは料理について考えてみましょう。

まず料理を美味しく作る要素を上げてみると

 ・どんなディナーにするか全体像を考える
 ・料理の構成を考える
 ・素材選び
 ・料理の手順
 ・隠し味、調味料
 ・見た目の盛り付け

ざっとみてこんな感じの要素があると思います。

さてこれをレコーディングに例えてみると

 ・どんなディナーにするか全体像を考える → 楽曲の方向決め
 ・料理の構成を考える   → アレンジの方向決め
 ・素材選び        → どんな楽器を使って表現するか
 ・料理の手順       → レコーディングの順番
 ・隠し味、調味料、つなぎ → エフェクター等のかけ方
 ・見た目の盛り付け    → 全体像のまとめ方


どうでしょう…かなり強引な考え方ですが、じつは案外似ている感じ
に思ってもらえたのでは?

さて次からはもう少し具体的に考えてみましょう

次回をお楽しみに、、、










【トミー爺の関連サイト】
■■新クラススタート「トミー染川のワンショットプラス」  参加者募集中!

トミー染川の 「Song Bank」 & 「トミー塾」  メンバー募集中!
posted by トミー爺 at 09:19| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

とにかくエフェクターは使いこんで、遊びながら覚えよう!!

前回のブログで「ミキシングは料理に似ている…」という事を
書かせてもらいました。

今回はその続きを…

ミックスをする時、、というよりはアレンジをする時に一番大事な
事は「全体像をイメージする事」だと思います。

 こういうサウンドにしたい
 
 この曲の音のイメージを参考にしたい…
 
何でも良いので最終ゴール、楽曲の最終形をイメージする事。
これがポイントです

例えば、美容師さんってどうして髪の毛をサクサクとカットできる
のでしょうか?

それは最終形をイメージ出来ているから切れるのであって、とりあ
えずこのへんを切ってみるか…だとちょっと切られている方はドキ
ドキですよね(笑い)

レコーディングでも同じ事で、プロの現場では音をトラッキング
する時点で最終形はこうなるから、この音はこの定位で、この音色
で…みたいに一つ一つ楽器の位置、役割を決めながら録音して行く
ので、最終的にミックスをした時には迫力のあるサウンドが作れま
す。

私にはちょっと難しい…と思っていませんか?


慣れてしまえば簡単な事で、、必要なことは「楽器の本来の音を理
解する」「エフェクター等の役割、用途、特徴を理解する」ところ
からスタートしましょう。


例えば、楽器にエフェクターをかける時に、いつも使っているから
…だとか、このエフェクターが雑誌のコラムに良いと書いてあった
から選ぶのではなく、

 こんなイメージにしたいからリバーブをかける
 
 リバーブもこんな感じにしたいからプレート系のリバーブを…
 
みたいに選択する事が大事、、、

リバーブもスモールルーム、ラージルーム、大、中、小ホールみた
いに空間の広がりが選べます。

それぞれの特徴があります。

それをまず、使い込んでみて下さい。

大ホールってやつをかけてみると…なるほど、、こうなるのか?
小ホールはどんな感じ…?

みたいに、まずは使い込んでみましょう。

そして、これを、、こうすると、、こうなる、、この場合はこっち
かな…

そうやって勉強するのが一番早いと思います…

それを理解したうえで、初めて「ミキシングと料理の関係」がイメ
ージ出来るようになります。


次回は、いよいよ本題に…お楽しみに、、、











【トミー爺の関連サイト】
トミー染川の 「Song Bank」 & 「トミー塾」  メンバー募集中!

有限会社トライエックスミュージック社
・一曲から出来るitunes配信デビュー!俺が聞きたい曲は俺が出す!!
有限会社トライエックスミュージック社はiTunes配信、iDebut正規総代理店です
posted by トミー爺 at 18:28| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

デモサウンドをかっこよく作るコツは料理にヒントがある

皆さん、料理とデモ、サウンドつくりは似ているところがあると思いません??

どこが?

何が?…

なにを突然、この人はいうのか!!
と思っている人は結構いるのでは…

でも、料理番組をみていると「弱火にかけて○○と○○をよーくなじませて
ください…」なんていうよね…

ここでいう「なじませて…」がポイント、ここにヒントが隠れている…

例えば、お肉と野菜を炒めて野菜炒めを作るとします。

まずはお肉に塩コショウやニンニクで味を調えて、、なんてレシピ本に
よく書いてあるでしょう。

肉のうまみを塩コショウやニンニクでより深い味わいにする…

待てよ、、、これってどこかで聞いたことがないかな?

○○の塩は絶品…なんていうよね、。。。

そうです。

お肉はスッピンの楽器、、塩コショウやニンニクってエフェクター…
この関係に似ているのでは…

エフェクターの使い方ってよくわからない…なんていうでしょう。

それはエフェクターの味や役割を理解していないからかも…

塩コショウってどんな味…これはイメージできていますよね、、
だからお肉にかけるとこんな味になる、、このくらいの塩加減で…
と最終形をイメージして調理する。

これとミックスは似ていますよ

続きは次で、もう少し詳しく書いてみましょう。

お楽しみに…









【トミー爺の関連サイト】
トミー染川の 「Song Bank」 & 「トミー塾」  メンバー募集中!

有限会社トライエックスミュージック社
・一曲から出来るitunes配信デビュー!俺が聞きたい曲は俺が出す!!
有限会社トライエックスミュージック社はiTunes配信、iDebut正規総代理店です
posted by トミー爺 at 18:30| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

このデモ…何でこんなにカッコよいの?

アレンジって何だろう?

「歌もの」の音楽を例にあげると、きっと究極はアカペラがベストなんだと思う

もし、アカペラで歌ってロック、ヒップホップ、など音楽ジャンルを表現できれば…ね

でも現実は、なかなかそうは行かない、、、、、

そこでアレンジ、トラックメイキングが登場する

つまりアレンジって、歌の足りないところを補って、聞きやすく、伝わりやすくする事だと思う

これはトミー爺の持論だけれどもね…

では、アレンジって、どうやったらカッコ良いアレンジができるのだろうか?

リズムグルーブをかっこよくする?

楽器のフレーズをかっこよくする?

もちろん、いろいろな音楽理論に則ってやることも必要な事だと思うし、また演奏能力を磨くことも必要なことだと思う

でもその前に「物足りなく感じた所に、どんな楽器を入れると気持ち良くなるのか?その楽器の音色はどんな音色だと気持ちよく聞こえてくるのか?」こんな感覚を磨くことも凄く重要な事だと思う


例えば、歌で物足りなく感じた所に、オーボエ系の音色で白玉、ロングトーンを入れたとする

絶妙なテクニックを要さなくても、その歌の世界にあった気持ちよい音色を作ることができたら、ただのロングトーンでも聞き手を気持ちよくさせることは可能だと思う

歌に対してオーボエをどのくらい後ろで鳴らすのか?リバーブの広がり方はどのくらい?定位は?音程は?

そう考えると音色へのこだわりって必要な事だと思います

また、色々な楽器の本当に気持ちよい音を感じ、知る事も重要ですよね

ある日、SongBankの勉強会の打ち上げの時にトミー爺がよく聞いている作曲家のデモテープを皆んに聞いてもらったことがあって、その時に参加者の人が

 「このデモって難しい事は何にもしていないのだけれど、どうしてカッコ良いのですか?」

と発言したことがあった

それは、歌の後ろで鳴っているパッド系の音色が絶妙の音色とバランス、またギターの一本弾きによるリズムと空間の作り方が絶妙のバランスだったからだと思う

どんなに巧妙に作り上げられたアレンジも、一音の楽器の音に負けてしまう

そんなことも起きてしまうのが音楽の面白さかな?








【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


posted by トミー爺 at 00:00| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

ヘッドフォンによる音の分析

最近、トミー爺は通勤時のリスニング環境を変えました

以前は「ipod」に色々な音楽、ビートルズ、カーペンターズ、クラシック、SongBankの会員の曲、契約作家の曲、ヒーリング系の音楽

などなど、結構の数をダビングして聞いていました

でも、正直、仕事でいつも音楽を聞いている為にヒーリング系音楽やビートルズを聞いている事が多かったですよ

耳を休める、気持ちを休める…そんな感じでした(笑)

でも、あるきっかけで(これについては別のブログで書きますね、結構笑えるエピソードもあるので…)BOSEのQuietComfort3(QC3)というノイズキャンセルヘッドフォンを購入してからリスニング環境が激変しました

それまではインイヤーヘッドフォン(耳に入れるタイプ)の¥3000円くらいのヘッドフォンを使っていて、結構気に入っていたのですが…

QC3を使ってからは激変したのですよ!

音の表情が伝わってくるのですよ!!

たとえば、ベーシストが音を出すときのニュアンスやドラマーの力の入れ具合、楽器が鳴っている余韻の音まで感じることができる!!

そう感じてしまってからは、QC3にハマりました

それからというものヘッドフォンを使って、昔、トミー爺が音楽を聞きまくっていた時代のアーティスト、ピンクフロイド、スティング、カーペンターズなどなどの音つくりを分析しながら聞くようになりました

そんな日々を過ごしているときに、ある日ふと気がついたことがあったのです

この聞き方ってミックスする時や録音する時に凄く役にたつのでは…ってね

その理由としては、最近のレコーディングって音楽ソフトやサンプリングされた楽器の音を使ってレコーディングしているのがほとんどなのだけれど

 本当の生楽器のよい音を知って音つくりをするのと

 生楽器の音を知らないで音つくりをするのとでは

違ってくるのでは…

そう考えるようになってからは、余計にQC3を手放せなくなりました

詳細はまた書きますね








【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


posted by トミー爺 at 12:28| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

作曲デモテープは集合写真

楽器同士がぶつからないように録音する…もっと解りやすく言うと、皆さんが学校や旅行で撮る集合写真ってありますよね。

カメラマンが「3列目の右から4番目の人、ちょっと右…」見たいに指示して全員の顔が見えるように配置して撮影しますね…録音における楽器の関係の考え方は集合写真と同じです。

 プロのエンジニアは集合写真の場合と同じで、楽器の音色を他の楽器と丁度良く混ざり合うように、または分離させるために低音、高音をカットしたりして全部の楽器の顔が見えるようにバランスを録りながら録音していくのです。

だから、小さい音で聞いてもちゃんとと色々な楽器聞こえてくるのです。

それと上手いアレンジャーのカラオケってボーカルの居場所がポッカリと空いていることが多いですね。

だから歌もしっかりと聞こえてきて楽器も聞こえてくる(楽器がボーカルの邪魔をしていないということ)こんなミックスが可能になるということですね。

そうしないと歌を聞かせるためにバックの楽器をかなり小さめにしないと歌が聞こえてこない…何て事になって迫力のない作曲デモテープになってしまいます。

せひ自分の作曲デモテープで色々試してみて下さいね。」


次ではこの続きを…










【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家
posted by トミー爺 at 15:07| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

他の音色とぶつからない?

 作曲家のデモテープが聴かれる環境は色々ありますが、大音量で聞いてもらえることは殆どありません。

またヘッドフォンで聞かれることは、外の喫茶店などで聞いてもらうとき以外はまずないのが現実です。

 殆どの場合はラジカセでかなり小さい音量で聞かれます。

という事は小さい音量でかっこよく聞こえるように作曲デモテープをミックスをしたほうが良いということになりますよね。

さてそこでレコーディングスタジオでエンジニアとアレンジャーの会話でよく耳にする会話があります。

その会話にその作曲デモテープの極意がありますよ


アレンジャー 「次はこの音色を録音しようと思っているけど他の音色とぶつからない?」

エンジニア 「そうだね入れ場所がないね、それを入れると○○の楽器が聞こえなくなるね」

こんな会話です。

つまりプロの仕事では楽器同士の音色、音域が出来るだけ干渉しあわないように注意して録音しているから、聞く音量に左右されないでかっこよく聞こえてくるのです。

さて次回はもっと突き詰めて








【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家
posted by トミー爺 at 15:07| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

プロのミックスは小さい音で聞いても、、、

 さて前回に「スネアの音色とキャラクターの所で、ボーカルにぶつからないように音色を選ぶ…という事をお話しました。

今回はそれについてもう少し具体的にお話しましょう。

皆さんは自分で作曲デモテープを作っていて「どうしてプロが作るCDミックスバランスと自分の作曲デモテープの音とこんなに違っているのだろう?」と感じたことはありませんか?

実はそこには面白い事が隠されていますよ。

 トミー爺がよく仕事をさせてもらうエンジニアのミックスで作るサウンドが凄いんですよ。


その人がミックスした音を小さい音で聞いても、また大きい音で聞いても音楽の印象が変わらないんです。

これって凄いことだと思いませんか?

大きい音、大迫力で聴く音楽ってその迫力でかっこよく聞こえることが多いですが、小さい音で聞いてもかっこよっく聞こえるってなかなか出来ないよね。

 トミー爺の経験談で、スタジオでミックスが終了したときに「かっこいいね!この曲は最高だ!」と思って家のラジカセで聞いてみると「あれ?こんな感じだったかな…」何て感じてしまうことがよくありました。

皆さんもミックスをヘッドフォンとかで、爆音(ものすごく大きい音)でやって「完璧!」と思ってそれだけで提出してしまうことはありませんか?

これが大失敗の元です。

次回はこれについて








【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家
posted by トミー爺 at 15:07| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

デモテープ録音は家造り

 前回に続き、今回は「デモテープ録音のノウハウ」についてもう少し詳しく書かせてもらおうかな。

 さて突然ですが、レコーディングって家を建てることに似ている
とトミー爺は考えています???。

また変な事を言うねこのおっちゃんは、、、(笑い)

さて何処が似ているか?というと…

家を建てる人(建て主さん)は「こんな家を作りたい!」「こんな家に住みたい!」と考えて、、、、まず建築家、設計デザイナーの方と打ち合わせをしますよね。

その時に建てぬしさんは家のイメージを作る時に

「いろんな雑誌を読んだり」

「モデルハウスを見に行ったり」してイメージを固めていきますよね

これです!デモテープ録音も考え方は同じですよ。

またまたこんなところで終わってしまいました(笑い)








【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家
posted by トミー爺 at 15:07| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

上手いエンジニアがミックスしたサウンド

プロのエンジニアがミックスしたサウンドは、大きい音で聞いても小さい音で聞いてもサウンドの印象が変わらないことが多い

皆さんの作ったデモテープは大きく再生すると迫力があるけれど、小さく再生すると

「あれスネアしか聞こえない?ボーカルしか聞こえない?」

「何か貧弱に聞こえて、こんなはずではなかったのに…」

みたいに作曲家が考えていたサウンドのイメージが変わってしまったのではないですか?

ではどうしてそのような差がついてしまうのでしょうか?

それはプロのアレンジャーやエンジニアの楽器音、アレンジに対する考え方を探ってみると答えが見えてくると思います。

その答えは「プロはサウンドを構成する楽器の立ち位置や、存在場所、役割を計算してアレンジやレコーディングをしていく」これがキーワードになっています。

次ではこの内容を詳しくお伝えしていきましょう









【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家
posted by トミー爺 at 15:07| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

この音圧の違いって、、、

 皆さんの中に自分の創ったデモテープとプロが作ったCDの音源を聞き比べてみて

「どうしてこんなに音圧とかが違うのだろうか?」などと感じた方はいませんか?

「だってプロは高い機材を使っているから当たり前…」確かにそれも一理あると思いますが、しかしそれだけではありませんよ。

 実はプロが作る音楽では「一つ一つの楽器がしっかりと聞こえるように考えてアレンジを構築して、その一つ一つの楽器の音に音圧がでる用に録音をしています」

そのためにCDで聞くと迫力のあるサウンドが作られていることが多いんです。

 ではその証拠に皆さんのお持ちのラジカセで、自分の作ったデモテープとプロの作ったCDを聞き比べてみましょう。

 まずあなたの持っているラジカセ、コンポの音をノーマル状態にしてください。(サウンドエフェクター、高音、低音、等ゼロ又はOFFの状態にする)そしてかなり小さい音で再生して比べてみてください。

そうすると両者の音圧、楽器のバランスの違いがはっきりと違って聞こえてくるのが確認できると思います。

ぜひ試してみてくださいね








【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家
posted by トミー爺 at 15:07| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

ミックスの出来はアレンジ、RECできまる

 前に皆さんがいつも聞いている曲の低音を増やしたり、減らしたり操作することで音楽の聞こえ方や印象ががぜんぜん違う…という事を書かせてもらいました。

今回はもう少し違う観点から作曲デモテープのミックスについてお話しましょう。

 この「さくなろブログ」を読んでいただいている皆さんの中に、「ミックスに過度な期待を持っている人はいませんか?」

つまりデモテープアレンジや楽器の音色がある程度のクオリティで録音されていれば、その後はミックスで何とでもなる…」なんて思い違いをしている人はいませんか?

これは大きな間違いですよ

ミックスの出来、不出来は実はアレンジ、レコーディング時に80%決まってしまいます。

確かにミックスの時に楽器の音量バランスはどうにでもなります。

しかし音色や音質、サウンドイメージはある程度レコーディング時に、作曲家が考えているイメージに近い音色、音質で録音しておかないと、どんなにミックスを頑張っても思ったようなサウンド、デモテープにはならないことがよくあります

だから録音素材音源の出来、不出来ですでにミックスの勝敗が決まっているという事ですね

次はもう少し詳しく









【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家
posted by トミー爺 at 15:07| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

身体の要は腰、音の要は低音

デモテープの低音を減らしてみたら聞こえ方が不安定になる…そんな話を聞いて???と思った人は結構いると思う

 実はどうしてそうなるのかというとデモテープの音域のバランスで一番重要なところが中低音域、、、、

「人間の身体でたとえると(低音を足、高温を頭としてみると…)腰に当たる」

その腰の部分(中低音域)が一番肝になってくる。

人間の身体も腰でバランスが取れているのと同じで、デモテープの聞こえ方もボーカルの声の帯域で腰の部分をどうやって聞かせていくのかがポイント低音、楽器で言うと低音パート、ベースパートが重要になってくる

 デモテープのバランスを作るときに低域の重要性をしっかりと頭に入れて楽器のバランス、低音楽器、中音楽器、高音楽器…

 または低音成分、中音成分、高音成分の「積み上げ方」「並べ方」がデモテープの「生死を分ける」といっても過言ではないと思う。

次回からはもっと具体的に書いてみようかな









【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家
posted by トミー爺 at 15:07| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

デモテープのミックスは女性のお化粧

またわけのわからないことを言ってしまいました(笑い) 実は、トミー爺はミックスの作業って

「わかりやすく言えば女性のお化粧」だと思っています。


たとえば

「あれA子さん今日はちょっといつもと印象が違うね?…」

「わかる?メーク少し変えたの…」これがミックスです!


いつもよりちょっと目をくっきりさせてみる、口紅の色を少し変えてみる…どれも素材としては同じ顔(笑い)

しかしちょっとした事でぜんぜん印象が違ってくる。

このマジックとミックスのテクニックは同じです。

 たとえばお手元に自分の作った作曲デモテープがあったらちょっと実験をしてみると解りやすいですよ。

まず自分が作曲したデモテープをラジカセで再生してみて下さい

たとえば「ちょっとボーカルの音程が微妙かな…」と思ったとしますね、そのときにEQで低音を少し多めしてみる…

どうかなボーカルの音程の不安定さが気にならなくなったのでは…

また反対に低音を極端に減らしてみるそうするとどうだろう…

今まで普通に聞こえていたデモテープがいきなりに、なんか不安定に聞こえてくる…そんな印象を受けませんか?


実はこれはミックスではなくてマスタリングという作業なのだけれども、同じデモテープ素材でこんなにも違って聞こえてくることがわかっていただけたかな。

まだまだ続きます








【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!



ラベル:作曲 作曲家
posted by トミー爺 at 15:07| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

ミックスってデモテープの魂入れ

 さて今回はミックスのマジック!について話してみようかな…

皆さんはデモテープを作るときにどんなところにこだわって作っていますか?

アレンジ、ボーカル録音、もちろんどれも大事ですよね。

しかし一番大事で重要な作業として「トラックダウン」「ミックス」があります


ここをいい加減にしてしまうと大変なことになります。



ミックスはデモテープを作る最後の作業。


「ただ全体のバランスをとるだけなんて考えいるようだと駄目ですよ!」

この最後のミックスで「デモテープの魂を入れ」をしなければいけません。

そうしないとせっかく作ったデモテープが死んでしまいます。


さてミックスって?については次回









【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家
posted by トミー爺 at 15:07| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする