2007年11月22日

ほかの人とコラボレーションする必要がある

 最近になって思い知らされたことがあって、、やっぱりポピュラーミュージックって作詞、作曲、編曲、歌この4つのエネルギーが集まって化学変化しないとヒット曲が生まれないと言うことが再認識された。

 ある仕事で海外のミュージシャンのデモテープを聞く機会があって、、最初、デモテープだけ聞くと「?、、、よく解らないな…」って感じだったけど、歌が入ったやつを聞くと「いい曲だね!」と思ってしまった

 トミー爺がやっているソングバンクでも、勉強会で作詞と作曲のコラボレーションよくやっている、、

メロディだけ聞くといいメロディなんだが、詞が乗りづらい…とか、良い詞だけどメロディが乗りづらい…

 「作曲の人はメロディに詞がつく事を考えて作曲して欲しい」

という、作詞家からの指摘もあって、最近の勉強会では「歌詞とメロディは3、5、7音(文字)を意識して作ろう」みたいなこともやっている

これはこれで面白いので、この事はいつかブログで紹介しますね

とにかく、作曲だけでも作詞だけでも歌は出来ない、

 この  1 + 1 = ∞

これをぜひ考えて作曲をして欲しいな










【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 音楽 作曲家
posted by トミー爺 at 00:00| ●曲先!作曲のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

メロディの音域の問題

以前もこの「メロディの音域」の問題については書いたと思うけれど、本当にみんな陥るポイントだと思う

あとプロの仕事でも「出る」と「使える」の区別がわかっていない人がいたりする

つまりピアノの前で新人歌手と先生がキーチェックをしていると考えてみよう、「アアアアアー」(すみません、よくある和音を唄っているところをイメージしてください)とやっている、ここで下から上までオクターブと6音くらい出ている…

しかし、これがこの歌手のキーレンジではない、、それを聞いていたレコード会社のディレクター氏はこの歌手キーレンジを「オクターブ」と決めた。

どうして?

あの時オクターブと6音出たじゃん…と疑問に思う人がいるでしょう


答えは「この歌手の一番声質の良いところはオクターブで、CDを商品として考えた場合これが限度だ」と考えた

つまり食品で言うならば「声質保証」ってところだろう

また、こんなことも考える

「この歌手が売れてきて、全国ツアーが出来るようになった時に体調が悪くても唄える音域がオクターブ」

つまり、どんな時にも

「きちっと歌えて商品にしたときに聞き苦しくない」

ように考えてのキーレンジ設定だと言うことを覚えておいて欲しい










【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲家 作曲 音楽
posted by トミー爺 at 16:35| ●曲先!作曲のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

自由だからこそ陥る失敗

殆どの作曲家が作曲するときのスタイルがこの「曲先の作曲」だと思う。作曲家にとって自由に作れるこのスタイルは魅力的なスタイルに違いない

 また、そのスタイルにも2通りある

ひとつは「自分が歌うために作曲する方法」、もうひとつは「他人に提供するために作曲する方法」前者は本当に自由だと思う。ただ後者を目指すのであればいくつか制約が生じてくる

1 メロディの音域の問題

2 ほかの人とコラボレーションする必要がある

3 採用されるには相手がほしがる要素を満たす必要がある

4 自分が得意とするジャンルだけやっているだけではNG

ざっと考えてもこのくらいはすぐに思いつく

これをこれから解剖してみましょうか?









【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


posted by トミー爺 at 12:52| ●曲先!作曲のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。