2007年06月26日

「、」「。」これで曲のイメージが変わる

具体的にサビの終わらせ方のテクニックですが、それはサビの終わりのアプローチを「、」にするのか?「。」にするのか?

またはその中間くらいにするのかは、楽曲を聞き終えた後味、余韻に物凄く影響を与えます。

 スピーチに例えると解り易いかもしれませんね。

「最初に言いたいこと」「次に言いたいこと」そして「一番最後のまとめとして言いたいこと」こんな風に一つ一つ要点を明確に分けて話してもらえると聞き手も解り易いですよね。


しかしそれを無視して同じことをだらだらと長くしゃべり続けると、聞き手としては最初に言っていたことがわからなくなってしまいます。

どんなに最後に素晴らしいまとめ方をしても、スピーチの要点が十分には相手に伝わらない…これと同じ事が楽曲にもいえます。

 たかだかワンコーラス、約90秒くらいのメロディの流れです。

しかし、メロディの構成、ブロックを繰り返したり、組み合わせたりする事で、同じメロディでも「こうも印象が違ってくるのか…」と感じるくらい楽曲のイメージが変わってきます。

そのキーポイントは「メロディの終わり方」、それが重要な役割を持っているということを覚えておいてくださいね。

これを追求していくと面白いですよ、ぜひ一度試してみてください









【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家 音楽
posted by トミー爺 at 02:00| ●作曲家の応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

作曲家ならヒット曲にだまされるな

なんだこのいいかげんなタイトルは!!(笑い)

まあまあ落ち着いてください。何をここで言いたいかというと、いま巷でヒットしている楽曲と同じ感覚で作曲家がメロディを作ると大変な事になる…ということです。

 私はSong Bankのメンバーに「サビのインパクトが少ない」「もっとメロディにメリハリをつけて」といつもアドバイスをしています。

 しかしメンバーから言われるのは「だってSMAPのヒット曲はサビは派手ではないよ」とキツイお叱りを受けたりします。(笑い)

ただそこにアマチュア作曲家が陥りやすい落とし穴があります

その落とし穴とはミリオンセラーアーティストはどんな楽曲を出してもヒットしやすく、その音楽スタイルをアマチュア作曲家がヒントにしてもマイナスになる事が多いということです。

まずあなた自身のことをよーく考えて見て下さい。

例えばあなたの大好きな歌手がCDを発売したとしますよね。

あなたは如何しますか? 殆どの人はそのCDを買おうとしてショップに行くか…レンタルCDショップで借りて聞くか?その歌手が出演するTVを見ようとしますよね。

そこです!!

今ヒットしている歌手の音楽は市場ユーザーが興味を持ったり、自ら買ったり、聞こうとします。

貴方が大好きな歌手が発表した歌が、地味で??な曲でもリスナーは良い所、好きな所を探そうとします。

そこがポイントです








【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家
posted by トミー爺 at 15:07| ●作曲家の応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。