2007年07月16日

録音レベルはどのくらいが良いか

作曲のプレゼンの時に以外に重要なのは録音レベルです。

録音レベルが大きい(音圧がある)とプレゼン時には有利ですよ、曲の選定は人間が決めていますから

音圧があると、迫力、説得力があるように聞こえるし、また逆だと曲が地味、、印象が薄く聞こえてしまいます

このくらい評価に差が出てきますので注意してくださいね

さて、最近のデッキはデジタルメーター(db表示)になっているので、以前のVUメーターの時とちょっと違ってきていますね。


デジタルメーター(デシベル表示のメーター)の場合はー4dbから0dbの間を常にメーターが動いている位がベストです。

多少0dbを越えても(赤表示になっても)一瞬くらいの事ではそんなには歪みませんから大丈夫です。


あとVUメーターの時は常に0VUあたりを針が動いているくらいがベストです。

大幅に針が0VUを越えても、テープの場合はテープコンプがかかるくらいなので気にしないでもOKです









【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家 音楽
posted by トミー爺 at 00:00| ●さくなろ道場サイトマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。