2014年08月04日

デモサウンドをかっこよく作るコツは料理にヒントがある

皆さん、料理とデモ、サウンドつくりは似ているところがあると思いません??

どこが?

何が?…

なにを突然、この人はいうのか!!
と思っている人は結構いるのでは…

でも、料理番組をみていると「弱火にかけて○○と○○をよーくなじませて
ください…」なんていうよね…

ここでいう「なじませて…」がポイント、ここにヒントが隠れている…

例えば、お肉と野菜を炒めて野菜炒めを作るとします。

まずはお肉に塩コショウやニンニクで味を調えて、、なんてレシピ本に
よく書いてあるでしょう。

肉のうまみを塩コショウやニンニクでより深い味わいにする…

待てよ、、、これってどこかで聞いたことがないかな?

○○の塩は絶品…なんていうよね、。。。

そうです。

お肉はスッピンの楽器、、塩コショウやニンニクってエフェクター…
この関係に似ているのでは…

エフェクターの使い方ってよくわからない…なんていうでしょう。

それはエフェクターの味や役割を理解していないからかも…

塩コショウってどんな味…これはイメージできていますよね、、
だからお肉にかけるとこんな味になる、、このくらいの塩加減で…
と最終形をイメージして調理する。

これとミックスは似ていますよ

続きは次で、もう少し詳しく書いてみましょう。

お楽しみに…









【トミー爺の関連サイト】
トミー染川の 「Song Bank」 & 「トミー塾」  メンバー募集中!

有限会社トライエックスミュージック社
・一曲から出来るitunes配信デビュー!俺が聞きたい曲は俺が出す!!
有限会社トライエックスミュージック社はiTunes配信、iDebut正規総代理店です
posted by トミー爺 at 18:30| ●作曲デモの録音・ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。