2013年07月30日

アレンジのコツは「ボーカルとセッションをしながら音を積み重ねていく事」

アレンジの話をもう少ししてみようかな…

トミー爺が主催しているSong Bankの作曲メンバーも、色々なところで知り合う新人作曲家さんも、「アレンジ」と「ミックス」に関心があるってみんな言うね

そこで今回はアレンジが上手く?面白くなるヒントを少し…

アレンジを大きく分けると下記のようになるかな…

「楽器を組み上げていくアレンジ」
「楽器をただ置きに行く、空間をただ埋めてしまうアレンジ」

この二つってかなり違う気がするよ。

ポイントは「音楽はセッションする事が基本」ということかな…


以前、友人のコンサートを手伝ったことがあって、そのコンサートの真ん中にアンプラグドコーナーがあり、ゲストで参加しているミュージシャンがセッションしていて、これがすごく良くて感動したんだよね。

ミュージシャン同志が演奏で会話している感覚ってわかるかな…

以前、役者をしている人と話した時に同じようなことを言っていた、、、「相手が自分の演技を引出し、自分も相手の演技を引き出す」つまり役者さんは演技、セリフでお互いに会話している…ということになるね

話をアレンジに戻すと、それができるようになると入れる音数が減り、逆に録音されている音、演奏が活きてくるようになる。

作曲家のデモってメロディをいかにかっこよく、使ってみたくなるように聞かせるか…
そこがポイントだよね

そこで今日の迷言?

アレンジのコツは

「ボーカルとセッションをしながら音を積み重ねていく、、もちろん周りの音を聞きながらね」

これがポイントかな…

皆さんはいろいろな音楽を聞く時に「このオケってミュージシャンが実際に演奏している…」そんなイメージを持った事がありますか?

アレンジを勉強するコツはこんな意識を持って、このオケはどんな風にミュージシャンが演奏して、それがどんなアンサンブルを形成しているのか…そこを研究する事が大事ですよ。

また後日詳しい話を書かせてもらいますが、、まずは自分で試行錯誤しながらやってみる

そうする事できっといろんな発見が出来ると思います。

ぜひやってみてください








【トミー爺の関連サイト】
トミー染川の 「Song Bank」 & 「トミー塾」  メンバー募集中!

有限会社トライエックスミュージック社
・一曲から出来るitunes配信デビュー!俺が聞きたい曲は俺が出す!!
有限会社トライエックスミュージック社はiTunes配信、iDebut正規総代理店です


posted by トミー爺 at 19:07| ●作曲家ならこうやって音楽を聞け! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。