2007年09月09日

自由だからこそ陥る失敗

殆どの作曲家が作曲するときのスタイルがこの「曲先の作曲」だと思う。作曲家にとって自由に作れるこのスタイルは魅力的なスタイルに違いない

 また、そのスタイルにも2通りある

ひとつは「自分が歌うために作曲する方法」、もうひとつは「他人に提供するために作曲する方法」前者は本当に自由だと思う。ただ後者を目指すのであればいくつか制約が生じてくる

1 メロディの音域の問題

2 ほかの人とコラボレーションする必要がある

3 採用されるには相手がほしがる要素を満たす必要がある

4 自分が得意とするジャンルだけやっているだけではNG

ざっと考えてもこのくらいはすぐに思いつく

これをこれから解剖してみましょうか?









【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


posted by トミー爺 at 12:52| ●曲先!作曲のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。