2007年07月27日

sg・albってなに?

 作家に対してのコンペ発注に関しての音楽業界の「略語」に慣れておいたほうがよいですね

たとえば、最近はコンペの発注がメールで来ることがよくあります。その中で仕事仲間では普通に使われている「略語?」で、作家さんには「これって何?」って言葉がよくあります

先日も「sg」「alb」という記号?が使われてありました。

案の定数名の方から「あのsg albって何ですか?」という質問が来ました

これは「sg」というのは「シングル」の略です。

つまりシングル曲っと言う意味です。

また「alb」というのは想像できますよね…そうです!

「アルバム」のことです

ちなみにそのメールには「次の○×(アーティスト名)のsg楽曲の発注をさせてください」と書いてありました

皆さんも「sg」「alb」という言葉を見かけたら「さくなろでシングル、アルバムって書いてあったよな…」と思い出してください









【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家 音楽
posted by トミー爺 at 16:32| ●作曲に役立つ音楽用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

作曲プレゼン必勝曲順法を探せ

まず最初にポイントになる楽曲を決める
 
そこまで決まったらあとは相手担当者の好みを考えて、頭にメイン曲を持ってくる時と2曲目以降に持ってくる時とケースバイケースでプレゼンデモを作っていきます。
 

 そして曲順は冒頭でお話したコンサートの要領で

「この曲はアップテンポだから次はミディアムにしてみよう…」

「この曲並べだと相手は飽きてしまうから、こっちの曲を持ってこよう…」

などかなり慎重に相手が楽しんでもらえるように選曲をしていきます。

皆さんなりのコンペ必勝曲順を考えてみてくださいね
  








【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家 音楽
posted by トミー爺 at 00:00| ●プロの作曲コンペとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

ライブとプレゼンの関係

ライブというキーワードを皆さんにお知らせしました。

実はプレゼンの曲順のポイントとライブでの曲順とは密接な関係があります。

アーティストのライブで一番のポイントは曲をどの順番で演奏していくのか…ここが決まればコンサートの演出構成の8割は決まってしまう…ある大物演出家が言っていたのを思い出します。

 つまりオープニング曲はどの曲で、どうやって初めて、お客さんを引き込んでいくのか…そしてどこでバラードを持ってきて泣かせるのか?どこで最後の盛り上げをして、一番最後にどの曲を持ってきたらアンコールがもらえるのか…なんて考えてコンサートの流れをを作って行きます。
 
それと同じ考えでトミー爺はプレゼン楽曲を選曲し並べていきます。

トミー爺はソングバンクの楽曲をプレゼンする機会が多いので、不特定の作家の曲を数曲同時にプレゼンする事が多いです。

そこでまず考えることは「プレゼンしようと考えている数曲の楽曲の中で一押し曲をどの曲にするのか?」

まずその曲を決めることから始めます。

そしてその曲が決まったら次は発注コンセプトの中で、ど真ん中からは少し外れているけれど「こんな曲はどうですか?」的な優れものの曲を決めます。

そして最後にかなりコンセプトから離れている曲でもアーティストに対して、こちらからの提案できる提案曲を決めていきます。

それをどのように並べるのか?

それは次回、、みなさんならどうやって並べますか?








【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家 音楽
posted by トミー爺 at 00:00| ●コンペで勝つ作曲テク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

作曲家のプレゼンは最初の2曲で勝負

さてプレゼンテーションする時の曲順!

作曲家が作品をプレゼンするときにもこれが大きな影響を与えたりするんですよ実は…。

収録する曲順を決めるときにまず気をつけなければいけないのが最初の2曲をどうやって聞かせるか…これが作曲家プレゼンの生命線です。

聞き手はデモテープを聴くときに最初の二曲位は、まず真剣に聞いて
もらえます。

たとえば一曲目で「うーん、あんまりよくないな…」と思っても「もう一曲くらい聞いてみるか…」と思うものです。

つまりここではずしてしまうとその後にどんなに自信作を持ってきても聞いてもらえません。

そのまま「ポイって」されてしまいますよ…

それをふまえてトミー爺には、プレゼン時にいつも気をつけているマル秘テクニックがあります。

それは次で詳しくお伝えするとしてヒントだけお伝えしておきますね。

それは「ライブ」です
 








【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家 音楽
posted by トミー爺 at 00:00| ●プロの作曲コンペとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

曲順のマジック

作曲コンペにプレゼンするときの大きなポイントにCD-Rなどに楽曲を入れる曲順があります。

今回はその曲順についてお話しましょう。

皆さんはお気に入りのCDアルバムを買って聞くとき「このアルバム良いな…何かつまらない…」などと感じたことはありませんか?

その原因としては収録されている作品の良し悪しも関係してくるのですけれど、結構収録されている曲順の影響もあると思います。


トミー爺もアルバム制作に関係するときに一番心悩ますときは「作品の選曲と曲順きめのときがいつも一番苦労して大変です」。

今はMDのように曲順を一瞬で並び替えられる機能がある優れた文明の利器がありますが、昔は曲数にあわせたカセットテープに一曲ごとに収録曲をダビングしていました。

それをデッキに出し入れして聞く…そんな風に曲順パターンを決めていました。

たとえば40分のアルバムだったら曲順を一通り聞くと40分かかるので、それはそれは時間がかかる作業でしたよ…

ある大物アーティストが曲順決めについてこんなことを言っていました「曲順を決めるのって難しい、これのスペシャリストがいたら印税を払っても良いくらいだ…」アルバムにとって曲順はそのくらい大事な事なんです

もちろん作曲家のプレゼンにも同じことが言えます

続きは次に






【トミー爺の関連サイト】
トミー染川のSong Bank
ラベル:作曲 作曲家 音楽
posted by トミー爺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●プロの作曲コンペとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

録音レベルはどのくらいが良いか

作曲のプレゼンの時に以外に重要なのは録音レベルです。

録音レベルが大きい(音圧がある)とプレゼン時には有利ですよ、曲の選定は人間が決めていますから

音圧があると、迫力、説得力があるように聞こえるし、また逆だと曲が地味、、印象が薄く聞こえてしまいます

このくらい評価に差が出てきますので注意してくださいね

さて、最近のデッキはデジタルメーター(db表示)になっているので、以前のVUメーターの時とちょっと違ってきていますね。


デジタルメーター(デシベル表示のメーター)の場合はー4dbから0dbの間を常にメーターが動いている位がベストです。

多少0dbを越えても(赤表示になっても)一瞬くらいの事ではそんなには歪みませんから大丈夫です。


あとVUメーターの時は常に0VUあたりを針が動いているくらいがベストです。

大幅に針が0VUを越えても、テープの場合はテープコンプがかかるくらいなので気にしないでもOKです









【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家 音楽
posted by トミー爺 at 00:00| ●さくなろ道場サイトマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

一度に何曲くらいプレゼンするのがベスト?

 これは良く受ける質問ですね、一般的に2曲から4曲くらいがベストだと思います。

ただトミー爺の場合は大体3曲から6,7曲くらいにしています。

ディレクターさんによっては「何曲でも良いですよ」と言ってくれる方もいます。

しかし考えてみると同じ作曲家さんの作品を聞く時、通常は最初の2、3曲くらい聞くとその作曲家さんの実力がわかってきます。

ポイントはその後の曲を聞いてみたいと思わせることができるかどうか…

多分最初の2、3曲で「この作家のデモをこのまま聞いていって、良い曲に出会える可能性があるか?どうか?」の判断されてしまいます。


 トミー爺の場合は何人かの作家の作品を一度にプレゼンする事が多い関係で6,7曲くらい同じメディア入れて提出します。

普通、最初のほうの曲を聴いてもらったらその作家事務所の作曲家の実力、または作家事務所のレベルがわかってきます。

このあたりで、良くも悪くも評価は白黒つきます。

ディレクターさんもあまり期待できそうでないな…と判断したときは

「すみません今日はちょと時間が無いのでゆっくりとあとで聞いてご連絡します」みたいに言われてしまうことがありますね。

ですので出来るだけ頭2、3曲は自信のある曲を録音しておいた方がベストですね
 







【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家 音楽
posted by トミー爺 at 16:25| ●作曲家の渡世術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

小さい音量で聞かれる準備を…

デモテープをレコードメーカーに持っていったとき、色々な場所で打ち合わせをします。

一番条件が良いのはオーディオシステムがしっかりと備え付けられている打ち合わせルーム、、、ここで曲を聴いてもらうときは結構大きい音で聞いてくれます

一番条件が悪いのは、パテーションで仕切られている打ち合わせロビーで聞いてもらうとき…でも聞いてもらえるだけでも良いとしなければ…

このときはラジカセに耳を近づけて聞けるくらいの音量で聞いてもらう…それで結果が出てしまう

つまり作曲家としては、大きい音で聞いてもらっても、小さい音量で聞かれても良いようにミックスを工夫したほうが良いって事だね

だから小さい音量でミックスをチェックする癖はつけておいたほうが良いですよ









【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家 音楽
posted by トミー爺 at 18:05| ●作曲家の渡世術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

どんな状況でも聞いてもらえる準備を

 まずCD−Rですが古い再生機(CDデッキ、CDラジカセ)では、CD−Rを認識できないケースがあります。

現実にトミー爺が今仕事をしているレコード会社でもそのようなアクシデントが頻繁にありました。

つまり作曲家としては「いかなる状況でも聞いてもらえる準備をしていたほうが賢明」だということです。

 せっかく持っていった力作を聞いてもらおうとしたら「あれこのデッキCD−Rを認識しない…」「ごめん、うちの会社MDが壊れていて聞けないんだ、CDなら聞けるんだけど…」見たいなケースが結構ありますよ。

そんなことがよくあったので、前でもお話したようにトミー爺は楽曲のプレゼンを行うときは、MDとCD−Rの両方を準備していきます
 
 また音楽ファイルですが、一部のレコード会社ディレクターはファイルのやり取りをやっていますが、それを聞くことが出来るがCD−R、MDには録音できない、みたいにまだまだ対応できていない方が多いですよ。

たとえば「っえ!トミーさん音楽ファイルをCDに焼くことが出来るの…凄いですね…」この会話は本当に最近あった話ですよ
 
 ワンチャンスにかける作家としては「色々なケースを考えて準備していったほうが良いです」ね、「備えあれば憂い無し」まさにこの言葉が当てはまりま
すね
 








【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家 音楽
posted by トミー爺 at 21:04| ●作曲家の渡世術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

mp3での提出はまだまだ危ない…

 つい十数年間(つい、なんていうけれど結構昔かもしれない…)までは録音メディアのキングはカセットテープでした。

トミー爺が作家マネージャーをやり始めた時は、このカセットテープが主流でしたねー。またこのカセットテープというのはカセットデッキによっては再生音が良かったり悪かったりしたののですよ…

ですから出来るだけハイファイに聞こえるようにわざとドルビーをつけて録音して、再生するときはドルビーオフで…見たいに苦労した時代がありました。

現在のMD、CD−Rの時代にはちょっと考えられないような苦労
があったのですよ(笑い)
 
さて最近の主流はCD−RとMDですよね。

メディアの単価も以前と比べると恐ろしく安くなり、CD−Rに音源を焼くソフト、コンピューター環境もしっかりとしていて殆どのデモテープが(考えてみるとメディアがテープではないので「デモテープ」というのは不自然があるかもね…)

MDかCD−Rで送られてきますし、またMP3などの音楽ファイルで送られてくることも頻繁にあります。

さてそこで気をつけないといけないのは「受け取る側が(レコードメーカー、や音楽事務所)がそこまで対応できていないケースがしばしばある…音楽業界だから最先端を行っている、なんて考えたら痛い目にあいますよ(笑い)

mp3って便利ですけれど、いくつかの難点があります。

1.受け取った側が管理しづらい
2.再生環境が悪い
3.メール送信事故がある

こんな感じです。

この変をもう少し具体的にしていきましょう









【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!

トミー染川のトミー塾  メンバー募集中!!
・トミーメソッドを使って基礎力をアップ!個別カルテによる作品アドバイス!
新生トミー塾が2009年12月スタートしました。要チェック!

トミー染川の作詞メソッド「基礎編」ついに完成!!
・トミー爺が考えた今までに無かった作詞教則本(自画自賛 手(チョキ)
作曲メソッドの制作中近日完成予定!!
興味ある人はチェック!!


ラベル:作曲 作曲家 音楽
posted by トミー爺 at 00:00| ●作曲デモ基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする